自作パソコンって? パーツの種類やその役割を紹介

自作パソコンと聞くととても難しそうだと思うかもしれませんが、簡単にいえば出来上がった部品を選んでそれを組み立てていくのでプラモデルを作ったことがあれば誰でも簡単に作ることができます。
作る際に重要な事はそれぞれ規格があるのでそれにあったものを選んで、揃えていくということです。

自作パソコンを作る際に重要となってくるパーツがマザーボード、CPU、メモリ、HDDあるいはSSDとなります。
マザーボードというのは部品を取り付ける基盤となるものであり、これがなければそれぞれの部品を動かすことができないので車でいうところのシャシーのような役割となります。
CPUはパソコンの計算をつかさどる部分であり、高性能のものを作る場合この部分の性能がまず重要になってきます。
メモリというのは作業領域のことであり、CPUが実際に作業をする人であればメモリは作業をするための机となり、机が広ければ広いほど一度に配置しておくことができる量が増えるので効率のよい作業ができます。

そして、HDDあるいはSSDは普段机の上には出しておかない書類などをしまっておく場所となり、メモリよりも大量に物をしまっておくことができますが出し入れに時間がかかってしまいます。
SSDというのはその出し入れが比較的早いものであり、従来のHDDよりも割高ではありますが高速に使うことができるので快適な動作が期待できます。

主要なパーツというのはまずこれらがあり、その他に重要なものとしてビデオカードがありますが、最近のものはCPUに統合をされているので一通りこれらのものと電源があればパソコンを動作させることができます。