低予算でも高性能なパソコンは自作できる?

一昔前までは自作は低予算で高性能なパソコンが手に入ると人気でしたが、最近ではそのメリットがやや薄れていてすでに出来上がっているBTOを選んだほうが安上がりということも少なくありません。
しかし、同じ予算であれば自分で組んだほうが高性能のパソコンを手に入る可能性があるということをかんがえると、まだまだメリットのあるものとなっています。

自分でパソコンを組む利点としては、一から構成を決めることができるので予算に応じてお金をかけるところと節約をするところを振り分けることができるので、同じ予算であっても高性能のものを手に入れやすいという利点があります。
BTO等の場合、お金をかける必要のないところにお金がかかっていたりすることもあり、それを節約しようとしてもいくらも安くならないという場合がありますが、自作の場合には不要な部分いくらでも安いものを選んで費用を抑えることができるのです。
ただし、全く知識がない人であれば予算の振り分けも簡単にできるものではありませんから、素直にBTOを選んだほうがサポートもあるので安心だといえます。

自作をしたからといって低予算で高性能パソコンができるとは限りませんが、高性能なものが手に入る可能性としては自分で作ったほうが上だといえます。
このようなことを理解した上でBTOなどのできあがった物を選ぶか、あるいは自ら予算を振り分けて限られた範囲の中で一番高性能のものを作るか決めると良いでしょう。